忍者ブログ
...... ~ 摂州宝山荘生まれの豆柴リクの成長記録 ~
Twitter
過去の栄光
ペットストリート フォトコンテスト
H22/3/8~H22/3/14掲載

「みんなおっちゃん。おやじ度選手権!」入賞
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年5月18日

4歳2か月21日

生後1542日

体重 5.85kg 


ちょっと痩せました、リクさん。
毎日寒くて散歩行ってないのにね(ぇ)

そうです、コチラは毎日毎日寒くて寒くて、やっと桜が咲きました(笑)
そうです、今頃です^^
平均より1週間かもうちょっと遅いくらいですかねぇ。
だって未だにストーブ生活ですよ?
しかも、この家極寒だし(笑) 

そんな中でリクさんは、私の畳んである毛布の上を陣取って丸まってます。
もしくは私のベッドを占領しています。
もしくはストーブの前を陣取ってます。

お前の毛皮は何者だ(笑)


今日、狂犬病注射に行ってまいりました。
去年は、狂犬病だったかワクチンだったか忘れたけれど、とてもいい子で大人しくしていました。
が。
本日の狂犬病は…。
本当に痛かったのか、大暴れしましたね^^;
きゃんきゃーん鳴き叫びましたね^^;
思わず涙が出そうなバカ親でしたが、さすがにソコは我慢我慢。
(どうしても犬関係には弱い私です。ヒトに対してはクールなのに←ォィ)

引っ越し先の病院だったので、今日が2回目のそこは、爪切りの時も注射の時も必ず女性スタッフの方がしっかりと抱っこしてくれるのです。
多分私たちだと、今日のリクみたいに大騒ぎになった時に危ないのでしょう。
(噛まれるのもそうだけど、ワンちゃんに注射針が刺さっているため)
おかげでリクは、暴れてもがっちりと押さえられていたようで…。
うーん、でも、去年まで通っていた病院は爪切りの時も注射の時も私たちが支えてたんですけどね…。
暴れることは、なかったんですが…。
注射上手かったのかな、そこの先生。

そうそう、他の病院は分かりませんが、引越前まで通っていた病院はとても綺麗で広く、少し高めでしたが、動物たちの痛みを最小限にする事を心掛けた病院でした。
だから、とても安心して通えました。
リクの膝の皿の事も、何も言わなくても、気づいて教えてくれるような…。

今の病院も、また、この市での他の病院はまだよくわかりませんが、動物たちの痛み、苦しみを一番に考えてあげられる病院だったらいいな、と思います。



今日の注射はすっごい痛かったんだ。
あんな凶器、あり得ないだろ?こんな可愛い俺にヒドい。
なんてコトするんだ、マッタク。
って事で今日は歩けないからずっと抱っこだ。
すこーし遠出したからその間はオシッコが出来なかったってのは内緒。
だって歩かせてくれなかったんだ、ケチだよな。

PR
リク
🐕

★: リク(小哲丸号)  ♂

2009年2月27日生まれ
(大阪 摂州宝山荘)

祖父 小黒清丸号
祖母 小白琴姫号
父  小貴丸号

祖父 小真竜号
祖母 小梅号
母  小悠姫号

家族の中でボクが一番、エライです。当然でしょ。

ブログ村
最新コメント
ビジター
バーコード
カウンター
ninja

Template by 楽楽楽生活(ららららいふ) 自宅でアルバイトしよう!/ Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]